Cu-Cal (クーカル) スタッフ日記

シェフたち、こわい?

2008年08月17日

今日は日曜日。カフェ監修の和田さんが
大阪から来てくださる日です。

昨日までのシェフズテーブルの日高さん、
昔、日高さんのところで修業していて
今日からシェフズテーブル、「フェリチタ」の岡谷さん、
そして、23日の居酒屋んナイトをしてくれる
赤坂「湊」中湊さん、ワインを担当している「祥瑞」勝山さん、
元「クローチェ・エ・デリツィア」のシェフで
現在は某レストランのシェフ指導をされている斎藤実さんも勢揃い。

記念写真をパチリ。

seizoroi.jpg

ズラリと並ぶと顔こわいけど、ハートはやさしい皆さまなのでした。

引き続きよろしくお願いします!

posted by ボリ子 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

実行委員会のメンバー誕生日

2008年08月16日

今日は実行委員会のメンバーのひとりが誕生日。
大きなケーキを作ってサプライズ。

このケーキ、実は、フランスの美食史に燦々と輝く
「ガトー・マルジョレーヌ」なんですよ。
知る人ぞ知る、クラシックなケーキ。

カフェ監修の和田シェフ指導のもと、
佐々木シェフをはじめとするパティシエチームが
作ってくれました。

デザインは、アルバイトでがんばってくれている
東京調理師学校の中村君です。

アーモンドの風味がガツンと効いて、しびれました。
そこで、近々、クーカルでも販売することになりました!
皆様、先に食べてごめんなさい。

birthday.jpg




posted by ボリ子 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

島田哲也さん シェフズテーブルに

2008年08月04日

島田さんがシェフズテーブルにいらしてくださいました。

カウンター席の場合、
去年のクーカルよりもシェフと客席との距離がとても近い。

こんな感じですもん。

shimada.jpg

目の前でシェフの料理が見られるから、
写真をバシバシ撮る人の多いこと、多いこと。

今回のコースのコンセプトは、
信州素材をたっぷり使った体にやさしい料理です。

<島田哲也シェフのメニュー>
アミューズ・ブーシュ

信州野菜のプレッセ、シークワーサーと蜂蜜のソース

アボカドの冷たいスープ

信州サーモンのポワレ、アネット風味

国産牛肩ロース、ラヴェンダーの香りで

白桃のコンポート、バラのアイスクリーム添え

shimasake.jpg
島田さんお気に入りの信州サーモン

posted by ボリ子 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

シェフズテーブル 小林シェフのお料理

2008年08月03日

初日から大盛況のうちに、小林真シェフの
シェフズテーブルが終わりました。

初日は長野県知事がいらしてくださり、テレビ生中継も
入ったんですよ。

その効果もあったのか、2日目、3日目も順調な客足。
次の予約をして帰られる方もいらっしゃいました。

バンザーイ。

順調なすべりだしです。

<小林真シェフのメニュー>
信州黄金シャモのレバーのプリン、
 ブドウのマルメラータと赤ワインのソース

信州サーモンのマリネとリコッタチーズのインヴォルティーニ
 高原野菜のサラダと柑橘系のソース

冷たいカッペリーニ、長野の野菜のマリネ

オルツォ・マンテカートと鯉のバルサミコ煮込み、鯉こく風

信州ポークロースのロースト、地ビールのソース

長野の桃のピーチメルバ


小林シェフ、ありがとうございました!
posted by ボリ子 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今度の土曜日、国産ワインのイベント再告知

まずはお詫びから。

8月9日土曜日に国産ワインのイベントが開催されます。
以前、告知させていただいたのですが、
皆様の誤解を招く表記でございました。大変申し訳ありません。

ここで改めてご紹介させていただきます。

シェフズテーブルとは異なり、日本を代表する
生産者の方々を招いての企画でございます。

あらかじめご予約をいただいておりますので、ぜひ、

クーカル実行委員会 0267-42-2708

へお電話でご予約くださいませ。

■イベント■

「日本ワインのニューウェーブ」を識る!

今、注目の3人の醸造家がクーカルにやってきます!

KIDOワイナリーの城戸亜紀人さん
小布施ワイナリーの曽我彰彦さん
BEAU PAYSAGEの岡本英史さん

3人のワインに合わせて、パッソ・ア・パッソの有馬シェフが
ワインによく合うフィンガーフードを提案します。

午後の心地よい日差しの元、世界に誇る
日本のワインのすばらしさを再発見してみませんか?

●8月9日(土)午後3時〜午後5時

●お一人様 ¥5250(80名様限定)

●グラスワイン6杯と有馬シェフの軽い料理

*その他有料試飲ワインもございます。

●出品予定ワインリスト
小布施ワイナリー
ドメーヌソガ ヴァンナチュレ カベルネソーヴィニョン06
ドメーヌソガヴァンナチュレ シャルドネ07
有料試飲
ドメーヌソガ キュヴェカズコ03
ドメーヌソガ プライベートリザーヴ07

KIDOワイナリー
プライベートリザーブメルロー04
プライベートリザーブシャルドネ06
有料試飲
プライベートリザーブメルロー06
プライベートリザーブメルロー05
プライベートリザーブシャルドネ05

ボーペーサージュ
ボーペーサージュ ラ・モンターニュ05
ボーペーサージュ シャルドネ06
有料試飲
ボーペーサージュ ラ・モンターニュ02
ボーペーサージュ ラ・モンターニュ03
ボーペーサージュ ラ・モンターニュ04
posted by ボリ子 at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

豪快!これがクーカルのアウトドア料理

2008年08月02日

オープン2日目、
「よーっしゃ、行こか」という気合のもと、
カフェ監修の和田信平シェフが何やら始められました。

dutchwada.jpg

何? 何? 何? と集まって来た人たち

dutchehito.jpg

ジャーン!

wada.jpg

たくさんのダッチオーブンを使って、
カレーや肉、野菜、ごはん料理を作り始めたんです。

盛り合わせると、これがまた、ド迫力。
シェフたちが作るアウトドア料理はこうでなくちゃ。

dutch.jpg

その日に入る素材によって異なりますが、
これで1260円。

hara.jpg

新店準備までの期間、クーカルを手伝ってくれている
原シェフもバンバン作ってくれています。

毎日30人くらいの限定。土日に限らず、平日も用意していますよ。
お早めに食べに来てくださいね!
posted by ボリ子 at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

本日開店!

2008年08月01日

8月1日
晴れ渡った軽井沢の爽やかな空のもと、

クーカル2008

本日開店いたしました。

皆様のおこしをスタッフ一同、こころよりお待ちしおります!

posted by ボリ子 at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

カフェメニュー会議

2008年07月29日

カフェメニュー会議を開きました。

むずかしいんですよね、カフェのメニューって。

軽井沢で食べるリゾートならではのカフェごはん

なんてイメージを実行委員会がリクエストしているものだから、
もう、厨房スタッフは、いろいろ工夫してくれて。

でも、いけてますよ。

「フレッシュトマトたっぷりのオムライス、クーカルスタイル」

は好評でした。まず写真を見たいですか? あっ、すみません、
食べるの夢中になってしまって、撮り忘れたのです(^^;)

えっとですね、トマトケチャップのごはんの上に
卵がかぶさっていて、その上にトマトとか野菜類が
ゴロゴロのっていて、ちょっと、アジアンチックな香りもして、
体にするするっと入っていく感じで・・えっと、えっと・・

食べに来てくださーい!!

クーカル開催まであと3日!





posted by ボリ子 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

クーカルスタッフ現地入り!

2008年07月28日

いよいよ今週末に開催。
クーカルスタッフも現地入りしました。

カフェ監修の和田信平さんも関西から駆けつてくれました。

今日、明日で片付けは完了予定。

そしてその全貌は・・・

近日公開です!

クーカル開催まであと4日!
posted by ボリ子 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

このシェフにお願いした理由(7)

2008年07月27日

●8月15日〜16日
日高良実さん

「アクアパッツア」の日高さんといえば、
テレビや雑誌でおなじみ。
有名シェフなんですが、それを鼻にかけることなく、
料理の取材だけでなく、個人的な料理の質問などにも
真摯にこたえてくださる、やさしく頼りがいのある方です。

日高さんは“地元の素材を生かしたイタリア料理”を
以前から提唱されていました。
だから、長野で開催するクーカルへの参加を
日高さんに依頼することに、
異議を唱える人はいないでしょう。

超忙しい合間をぬって、ご参加くださいます。

地元の素材を地元で使いたい……
日高さんがイタリアで修業されていた頃、
イタリア各地に伝わるその土地ならではの
伝統料理に触れた経験があるからこそ、
強く思い抱くことができる理想です。

東京だけでなく地方にも店を持たれている
日高さんは、日本各地に出向くことが多いのですが
その都度、各地のすばらしい素材に
目を見張ることが多いそうです。

長野でも、その興味は尽きないと話されています。
メニューはもう完成したそうですよ。

ソフトな語り口の日高さんの解説も聞けるといいですね。

クーカル開催まであと5日!



posted by ボリ子 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

9月7日はイタリアンブッフェ

2008年07月26日

イタリア料理界の重鎮、西麻布「カピトリーノ」の
吉川敏明さんが、クーカルに1日だけ
参加してくださることが正式に決まりました。

●9月7日(日)正午〜

カフェがイタリアンブッフェに変わり、
イタリアの伝統的な料理を、
吉川さんの話を伺いながら味わうという企画です。

吉川さんは、1965年にイタリアへ渡り、
ローマのホテル学校で2年間勉強されたあとは、
イタリアのレストランで働いていました。

帰国後、麹町「カーザ・ピッコラ」を経て、
西麻布で「カピトリーノ」を開店。
もう30年になります。

イタリアの郷土、伝統に関する知識は業界一といわれ、
柴田書店から出版された
吉川さんの『イタリア料理教本(上・下)』は
本場イタリアでも類をみないほどの専門書となっています。

なーんていっても、勉強、ってわけではありませんよ。

イタリアの映画に出てくるような
楽しいイタリア料理パーティーをしながら、
吉川さんの詳しい話も聞いてしまえ、という趣旨。

予約受付は来週から開始しますので、
興味のある方はチェックしておいてくださいね。

クーカル開催まであと6日!




posted by ボリ子 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

このシェフにお願いした理由(6)

2008年07月25日

●8月14日
田中太郎さん

今回ご登場いただいたなかで、一番怪しいのでは?(笑)
クーカルのHでPはもちろん、
「dancyu」でもご紹介していただきましたが、
そのときのシェフの顔写真は黒猫のちょうちんの写真でした。

顔出しはNGだそうです。
「黒猫夜」・・・響きも怪しい。

田中さんは、中国の魅力にとりつかれ、
学生時代から中国全土をまわったそうです。

そのときに巡りあった各地の郷土料理のおいしさ、
お酒のおいしさをもっと日本に伝えたいと思って
会社員生活から心機一転、赤坂にお店をオープンしました。

薄暗い店内は大人の雰囲気。カウンターの向こうには、
田中さんが自分で輸入された中国酒の入った甕がズラリと並び、
メニューには鴨舌の炒め物とか、
羊の串焼きなどしびれる料理が続きます。

中国料理通によれば「中国の味そのまま」だそうです。

フレンチやイタリアンを食べ歩きすることもなく、
ひたすら中国が好き、な男、田中太郎さん。
今年は北京オリンピックがあるし、中国料理の
シェフにも登場して欲しいと願っていた頃、
異色の中国料理店の店主、田中さんが
クーカルにたってくれたら楽しそうだと思いました。

「黒猫夜」で田中さんオススメのごくウマ紹興酒をいただき、
ほろ酔い気分でお誘いしたら、一瞬、
「面倒くさそう」みたいな顔をされました。でも、
そこは酔っぱらいの力は強いんです。
「クーカルはね、うんぬん、かんぬん、」と
コンセプトを話し初めたところ、
「わかりました、わかりました。
いいですよ、なんでもやりますよ(苦笑)」
と引き受けてくれたんです。

黒猫夜のご提案は、台湾とか香港にあるような屋台的な
シェフズテーブル。

カウンターがあるので、その上に素材をズラリと並べ、
あらかじめスープや調味料を用意しておいて、
お客さまと相談しながら、好みの料理法で料理されるというのです。

おもしろそうでしょ?
シェフズテーブルでは初めての試みです。

とびきりの紹興酒も持って来てくださるとのこと。

中国好きな方はぜひどうぞ!

クーカル開催まであと7日!

posted by ボリ子 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

クーカルパンフレット入稿完了

2008年07月24日

今年はクーカルパンフレットを作成しました。
せっかくスゴいシェフたちがいらっしゃるのだし、
カフェもがんばっているし、イベントも盛りだくさんだし。

記録にも残したい。

そう思って作りました。

A5版の小さなサイズに盛りだくさんの内容です。
シェフズテーブルのシェフたちの店情報、
今回おつくりいただいた料理あ(シェフひとりにつき1品)を
美しい写真でご紹介しています。

300円で販売いたしますが、
10000円以上お召し上がりのお客さまに1冊差し上げます。
(売り切れご容赦)

クーカル開催まであと8日!
posted by ボリ子 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

このシェフにお願いした理由(5)

2008年07月23日

●8月12日〜13日
小林幸司さん

「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」
・・・やっといえるようになりました。

100回くらい繰り返すと覚えられますよ。
たいてい「フォリオリーナの小林さん」と言ってますけど。

店名は幸せを司る小さな葉っぱという意味だそうです。
幸せを司る=幸司さん、奥様が葉子さん。つまり、
夫婦おふたりで作る店、という意味が込められているんですね。

ご存知のとおり、1日1組限定のレストラン。
完璧な料理とおもてなしをめざし、
お客さまにとびきりの時間を提供しようと、
そうしたスタイルを貫かれているのです。

それが軽井沢だったら?

特別な料理と空間を、日本を代表する
避暑地で提供してみたい、と考えていたクーカルに
小林さんは適任! ぜひ来ていただきたいと思いました。

そして、おそるおそる、小林さんに聞いてみました。

「あのぉ、、、軽井沢でですね、
クーカルというイベントをやるんですが、そのぉ、
そこで軽井沢らしい特別な料理を作ってもらえませんか?」

「いいよ」

「へ?」

意外にあっさりご快諾。

環境が変わることは小林さんにとっても
刺激になる、と言ってくださって。

「リゾートらしさを出したいね」

そんなイメージもすぐにいただけました。

店にもクーカルの大きなポスターを貼ってくれているし、
お客さまにもお声をかけてくださっているし。

(;。;)やさしいです、小林さん。
顔恐いけど。

スタッフも、小林さんのお気持ちにお応えしたく、
がんばります。

そうそう、当日は強力な助っ人、「ラ・バリック」のオーナーであり
サービスマンの坂田さんもかけつけてくれます。
坂田さんは、「フォリオリーナ」のオープニングスタッフ
だったとか。

実は坂田さん、第一回目のクーカルも手伝ってくれてるんです。

こうした飛び入りサプライズがあるのも、クーカルならでは、です。

クーカル開催まであと9日!

posted by ボリ子 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

このシェフにお願いした理由(4)

2008年07月22日

●8月10日〜11日
宗像康雄さん

いいんですよねぇ、宗像さんのゆるゆる笑顔。

「どうもー」
「あっ、いらっしゃいませー」

初めの挨拶を交わしただけで、
ほんわかした気持ちになります。

フランスの田舎の小さなビストロといった
雰囲気の店内には、フランス大好き!
料理大好き!! ワイン大好き!!! 
という宗像さんの気持ちが、いっぱいに溢れています。

メニューやリストにズラリと並ぶ、
健康的に育てられた肉や魚、野菜を使った料理に、
造り手の思いが詰まった個性溢れるワイン。

自然派・・・こうくくるのは簡単なんですけどね
でも、宗像さんからはもっと大きな素材への愛情が
伝わってくるんですよね。
適度に肩の力が抜けていて、体にいいとか安全だとか、
そういうことを超えて、ホントに、
ああ、この人は大地、海そして川からの素直な“味”が
好きなんだ、って思います。

長野の土地に正直な料理
 そして、夏のリゾートに気持ちいいナチュラルなワイン

宗像さんなら、自分も作っていて楽しくて
気持ちよくなれるような料理を、
それに、自分も飲んで幸せになれるワインを
一生懸命考えて揃えてくれますよ。

そして、ほんわかした笑顔とともに
皆さまをお迎えするでしょう。

クーカル開催まであと10日!
posted by ボリ子 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ともちゃんと軽井沢めぐり

2008年07月11日

クーカルスタッフに強力な助っ人が登場です。

軽井沢生まれの軽井沢育ちの「ともちゃんわーい(嬉しい顔)」。

地元の情報は彼女からゲットしようと、
ともちゃんの案内でパンフレットのための取材へ。

いやー、ジモティーは強いっす。
オススメスポットに
たくさん連れて行ってくれました。

そのなかのひとつが、旧軽井沢銀座にある
ジェラート屋さん「リビスコ」。
http://www.libisco-karuizawa.com/

オーナーの山岸秀和さんは、フランス料理の
サービスマンを経て、ジェラート屋さんになりました。
理由は・・「ジェラートが大好きだったから」。

イタリアからジェラートマシンを購入し、
毎朝、作りたてのジェラートを販売しています。

巷にありがちなベタッとしたジェラートではなく、
体にスーッと入っていくような、ナチュラルで
やさしい味わい。暑い夏にはぴったりです。

ともちゃんはココのジェラートが大好き!
さっそく、ミルクとカボチャ入りのダブルを
購入していました。

そのほか、ともちゃんの軽井沢情報は
パンフレットでチェックしてくださいね!
今月末に完成予定です。

jerato.JPG
オーナーの山岸秀和さん。
レストランを開く夢も持っています。

クーカル開催まであと21日!
posted by ボリ子 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

準備の打合せも白熱してます

2008年07月07日

今日は、東京の事務所でカフェスタッフを中心に主要
スタッフの会合がありました。

開催まで一ヶ月を切り、かなり詳細な打合せで、議論
も白熱、3時間以上に及ぶ打合せでした。
軽井沢からも、現地スタッフがやってきてくれて、
みんなも、本気モードで頑張っています。

会議では、長野の食材やテイクアウト用のスィーツの
試食を行ったり、厨房で必要な機材や道具の確認を
行ったりと、確認する事も沢山。時間がもっと欲しい
ところです。

来週月曜日も打合せの予定。いよいよ全体像が見えて
きました!

クーカル開催まで、あと25日
posted by ボリ子 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

オリンピックも応援しよう!

2008年07月06日

もう一つ、大事なイベントを忘れてました。
そうです。オリンピックで日本代表を応援
するイベント。

クーカル会場にはテレビアンテナを立てて、
プロジェクターでテレビを放映できるように
計画中。

オリンピックの日程が決まったら、日本人
選手の出場する主要な試合はクーカルでも
応援イベントを企画しています。

日本人選手の活躍を応援し。勝利の美酒を
分かち合いましょう!!

クーカル開催まで、あと26日
posted by ボリ子 at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

クーカルの記事が出ています

2008年07月04日

いよいよ7月に突入。
開催まで一ヶ月を切りました。

これからいろんなところでクーカルを
宣伝して参ります。

今日はクーカルを取材して頂いた2つ
の雑誌が発売になりました。
「ダンチュウ8月号」と「大人のウォ
ーカー8月号」です。
dancyu08.jpg

写真は「ダンチュウ」の誌面ですが、
笑顔の谷シェフや笹島シェフ、そして
都志見シェフの昨年の様子などが紹介
されています。

ぜひみなさんにも見て頂きたいので、
本屋さんで購入してくださいね。

クーカル開催まで、あと28日!
posted by ボリ子 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

長野から食材が続々登場

2008年07月03日

今日は、会場で食材の仕入れを担当していただく
長印佐久支店の方々と、会場で材料の打合せをし
てきました。野菜、果物、牛乳やヨーグルト、
その他の加工品など、軽井沢や長野の素材が沢山
集まりました。

完全有機農法で頑張ってらっしゃる農園から届い
たキュウリは、かじってみるととってもみずみず
しい甘さが口中に広がります。こだわりのお味噌
につけて食べると、それだけでご馳走です。

実際の開催期間には、さらにいろいろな野菜や
果物が集まります。マルシェがたのしみになって
来ました!

クーカル開催まであと29日。いよいよです
posted by ボリ子 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。