Cu-Cal (クーカル) スタッフ日記

伊勢丹開催間近です。

2013年05月25日

伊勢丹開催まで1週間を切りました。

スタッフは準備でバタバタ、けれども6日間のシェフ達の勇姿がとても楽しみなのであります。
しかも今回はクーカルでは初コラボの方ばかり!
(恒例の銀座チームは違いますが。。)


今日は初日、5月29日のおふたりのご紹介です。

軽井沢「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」
小林幸司シェフ
×
軽井沢「エブリコ」
内堀篤シェフ


共に軽井沢移住チームのおふたり。
初めて軽井沢の地で顔をあわせたのはトンボの湯(軽井沢の温泉です)の湯船の中だそう。

その後数年の時を経て(あ、数ヶ月かな)昨年のクーカルイン軽井沢で隣のブースに。

その時の様子を見たクーカルディレクターTが、
「あのふたり、コラボしたら面白いんじゃないの〜」
の一言で今回のコラボレーション実現となりました♪


顔合わせの初回打合せから、おふたりの息はピッタリ。

主張するだけの料理だと、オーダーし損じたプリフィクスになりかねない。
お互いの得意分野を高め合い、コースでひとつの流れを表現する!
とお言葉をいただきました。


そんな今回のメニューはこちら。

1890円のコース→3皿
3150円のコース→4皿


前菜
ホロホロ鳥のガランティーナ&春野菜と春のきのこ
山の香りのヴィネグレットソース

パスタ
ジャフラトレーディング
ホロホロ鳥のラグーのフェットゥチーネ

メイン(3150円のコースのみ)
ブレゼした有坂きのこ園の白麗茸のポワレ
幻のきのこのリゾットと牛ホホ肉の煮込み添え

デザート
国産ポルチーニと信州りんごバヴァロア

*デザートメニューが、前回の告知の時と変わりました。
 初夏にぴったりです♪





そして、今回のシェフを支えている生産者さんです。

th__DSC2884.jpg
ホロホロ鳥/ジャフラトレーディング

小林シェフとは20年以来のお付き合い。日本では数少ないホロホロ鳥の生産者です。
親鳥をすべてフランスから輸入し、それを飼育しています。飼料はオーガニックのものを使用。通常飼育期間の倍の日数をかけ育てています。




1100518-22r.jpg
軽井沢サラダファーム
依田良雄さん•美和子さん

小林シェフとの出会いは2010年のクーカルin軽井沢。そのとき以来のお付き合いです。
依田さんの野菜作りは、土に備わっている力を最大限に引き出すのが特徴。無農薬有機栽培はもちろん肥料は植物性のものを最小限におさえて使っています。


th__DSC2699.jpg
やまこきのこ園
小林 秀幸さん

浅間山を望む標高1000mの大地の中で20種類以上ものきのこを栽培しているやまこきのこ園。その栽培のこだわりもすばらしいのですが、キノコ博士の内堀シェフが新しいキノコの栽培をお願いしているほど、新品種の研究に熱心なのです。事務所にはキノコ菌の試験管がいっぱいでした!


th__DSC2730.jpg
有坂きのこ園
有坂 祐一さん

幻のキノコ「白麗茸」を栽培している数少ないキノコ農家の有坂さん。かなり手間のかかるこのキノコの栽培に、
「手間がかかっても、それだけ価値のあるものを育てるのはやりがいがある」との笑顔が印象的でした。


打合せ最後に、ぽつりと言った小林のお言葉。
「このコラボレーションは、必然だった。」


この必然、ぜひ会場にてお確かめください!!

posted by ボリ子 at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢丹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/363390404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。