Cu-Cal (クーカル) スタッフ日記

冬至。

2012年12月21日

今日は冬至です。


最近日が暮れるのが早くなったなぁと感じてはいましたが、
マヤ暦終焉の話題ばかりに惑わされていて、いつのまにか当日です。

この数日で、世界が終わるとか、新しい世界が始まるとか、ちまたでは言われているので美味しいものをめいっぱい食べておこうぴかぴか(新しい)ともくろんでいるボリコです。


とりあえず、かぼちゃとゆずは買って帰らないと。。


冬至にかぼちゃを食べるのは、「運盛り」と言って、「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めると言われているからだそう。にんじん、だいこん、れんこん、きんかん、などなど。ちなみにかぼちゃは別名なんきん(南京)だから。この縁起担ぎは平安時代の陰陽師が広めていったそうで。
1000年もの間続いているなんて〜。
この中でも特にかぼちゃは栄養面、保存面が優れているので、ずっと受け継がれてきたんですね。

そして柚子湯。「冬至」と「湯治」の語呂合わせ、とも言われていますが、運を呼び込む前の厄払いとして身を清めるための入浴。そのお供として、柚子の強い香りが邪気をはらい身を清めるとされているそうです。

こういった和のこころ、伝えていきたいものです。。



そしてそして、冬至は「一陽来復」とも言われ、今日を境に日が徐々にのびていくことから冬が去り春が来ること、運が向いてくる、との意味も。
そうなんです。今日を境に運が上昇するんです!


かぼちゃ食べて、柚子湯に入って。。
幸せよ、来い!!


posted by ボリ子 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。