Cu-Cal (クーカル) スタッフ日記

クーカルin八王子、ポスター出来ました!

2013年10月28日

八王子フードフェスティバルまで、一ヶ月ほどとなりました。

今日は、ポスター&チラシ完成のお知らせです。

実行委員会のなかでも、あーでもない、こーでもないと検討を重ねた結果、今回はこんなイメージになりました。


th131017_クーカル収穫祭_チラシ表_OL.jpg

th131017_クーカル収穫祭_チラシ裏_OL.jpg


イメージの料理写真は、クーカル初登場の「シック プッテートル」生井シェフの作品。

実は、今回のポスターは制作時間が短かったので、イラストになる予定だったのですが、
急遽、「やっぱり料理の写真を!!」となり、入稿の3日前に撮影したんです。
しかも、撮影をお願いしたのも2日前、という状況で。。汗
(生井シェフ、すみません〜!)


お料理は、秋の収穫をイメージしたひと皿です。
ジビエと秋の味覚が盛りだくさん。
当日のワンプレートも、盛りだくさんになる予定です!

thIMG_2202.jpg
撮影風景。


thIMG_2205.jpg
ひと仕事終えた生井シェフ。
(隠し撮り。)

posted by ボリ子 at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

クーカルin八王子決定しました!

2013年10月16日

2013年、最後?!のクーカル「クーカルin八王子」が決定しました!

今回のテーマは、八王子フードフェスティバル「クーカル収穫祭」。
ジビエをはじめ、秋の味覚満載でお届けする予定です。


場所はJR八王子駅と京王八王子駅のちょうど真ん中にある、
「旧東京都繊維試験場跡地」というとてつもなくひろーい敷地なのですが、そこで3つのスタイルを演出します!

その1☆クーカルジビエ
クーカルシェフ達がジビエと秋の八王子の味覚を使ったワンプレートを提供します。

〜参加シェフ〜

11月23日(土)
 
中目黒「アンティーカ•トラットリア•ノスタルジーカ」竹田文晴シェフ
       ×
軽井沢「フォリオリーナ•デッラ•ポルタ•フォルトゥーナ」小林幸司シェフ


イタリアンでジビエと言えば、まず思いつくのは小林幸司シェフ!という方も多いのではないでしょうか。そして中目黒で小林シェフのお店を支える竹田シェフは、なんと八王子出身なのです。

このご縁を生かし、八王子では2人のコラボレーションメニューをお出しする予定。
小林シェフのアイディアを、八王子食材の魅力を知り尽くした竹田シェフが形にします。当日はノスタルジーカのスタッフが中心となり提供してくれます。


11月24日(日)

京橋「シェ•イノ」古賀純二シェフ
       ×
八丁堀「シック プッテートル」生井祐介シェフ


今年のクーカルin伊勢丹の銀座チームを盛り上げてくれた我らが師匠、古賀シェフ。伊勢丹銀座チームのテーマは実に「東京食材」だったのです。
そんなこんなで、八王子の生産者ともつながりが深くなった古賀シェフとタッグを組むのは八丁堀「シック プッテートル」の生井祐介シェフ。

生井シェフと古賀シェフの出会いは、なんと!
2012年のクーカルin軽井沢なんです〜。

もとは軽井沢でシェフをしていた生井さん、ちょうど昨年のクーカルの時期に東京での出店準備で空いていたところ、クーカルをお手伝いしてくれることになったのです。

どこのブースでお手伝いしてもらおうかーと思っていたところに古賀シェフ登場。
それ以来、交流があり今回のコラボレーションとなりました。

クーカルつながり、感無量です。


イタリアン、フレンチ、それぞれの魅力が詰まった2日間になると思います♪


その2☆八王子グリル

こちらは、八王子の人気レストランが自慢のメニューで秋を演出!
お肉はもちろん、たっぷりのお野菜、ワイン、地ビールなどを提供します。

こちらの出店者情報は、また改めてご報告致します。


その3☆八王子マルシェ

八王子周辺の生産者が、採れたての食材を持ち寄ります。東京で、唯一の道の駅「道の駅滝山」と、ナチュラルなライフスタイルの提案で人気の「グリーンギャラリーガーデンズ」のコラボレーションを中心に、楽しいマルシェが出現します。



■イベント詳細
日時:2013年11月23日(土)•24日(日)10:00〜16:00
   (クーカルジビエは11:00〜売切れ次第終了)
場所:旧東京都繊維試験場跡地(八王子市保健所裏)


食欲の秋をたっぷり満たしてくれるイベントになること間違いなしです!

ぜひお越し下さい♪

posted by ボリ子 at 19:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 軽井沢

ベルナルド150周年プレスプレビュー☆

2013年10月08日

クーカルのシェフズダイニングでは、食材の他にたくさんの素敵な食器の協賛をいただいているのですが、その中でもいつもお世話になっているフランスリモージュの磁器「ベルナルド」の食器が今年でブランド創立150周年を迎えるそうです。

その記念としてたくさんのアーティストとコラボした作品を展示している
進化するベルナルドのテーブルアート!展」のプレスプレビューにお邪魔してきました!

参加アーティストは12組13名。世界各国、様々な分野から。
「世界的に名高い映画監督や、現代アートの巨匠たちが創り出すまだ誰も見たことのない磁器の世界―。」(ベルナルドHPより〜)

そう、食器の常識を超えた、アーティスティックな食卓を体験してきました。



th2013-10-01 19.06.52.jpg
マイケル・リン/アンタイトルド(無題)
当日はご本人台湾より来日し、スピーチを。



th2013-10-01 19.07.17.jpg
プリュンヌ・ヌーリー & JR/いつもの元気が僕にはない。君に会っているのに小鳥ほどの食欲しかない。君の言うようにするよ。



th2013-10-01 19.09.01.jpg
サルキス/KINTSUGI(金継ぎ)
日本の金継の技術が、こんなアートに。


th2013-10-01 19.31.44.jpg
デヴィッド・リンチ/広大な海
さすがデヴィッド・リンチ監督。何の料理をのせるか悩みますな。


当日はフレンチの三國清三シェフがご挨拶にいらしてました。
私は人だかりに埋もれ写真とれず。。。

日本のレストランで食器を全てベルナルドにしたのは、三國さんが初めてだそうですよ。


th2013-10-01 19.37.20.jpg
こんなカワイイクッキーも☆



進化するベルナルドのテーブルアート!展は、渋谷Bunkamuraで10日まで、その後六本木ストライプスペースで20日まで開催されています。


普段のテーブルウェアと、アートのコラボレーション、ぜひご覧になってみて下さい!
posted by ボリ子 at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。